黒ずみやニオイの悩み・原因をサポート

menu

美デリケートゾーン【綺麗なまんこを目指す女性へ】

お股の黒ずみの原因はお肌の乾燥?入浴後こそやるべきデリケートゾーンの保湿ケア

ビキニラインなどデリケートゾーン部分の色素沈着って本当に気になりますよね?デリケートゾーンの色素沈着は生活習慣によるお肌の刺激がメラニン色素を作り出すことによって起こります。お股の黒ずみの原因の一つは実は乾燥なんです。お股って身体の中でも特に乾燥しやすいって知ってました?手の乾燥って気付きやすいですけど、お股ってなかなか気付けないですよね。今回はこのお股の乾燥に関して説明したいと思います。

どうしてお股は乾燥しやすいの?

お股が乾燥しやすいのには主に二つの原因があります。

一つ目はお股は皮膚の潤いを保っているセラミド(角質間脂質)が薄いことです。

お股を触ってもらうとわかりますが、恐らく腕や足などに比べ皮膚が薄いことがわかると思います。お股の皮膚は瞼ほど薄いと言われています。私たちのお肌の潤いは皮膚のすぐ下のセラミド(角質間脂質)という場所によって主に保たれています。お股の皮膚が薄いことからわかるとおり、お股はこのセラミドを含む角質層が薄く保有できる水分量が大変少ないです。それに加えて、実はお股は下着の擦れや締め付けによって常に水分を吸収されてしまい乾燥しやすくなっています。

二つ目はお風呂に入る事によって保湿成分が流されてしまうことです。

お肌の潤いは主に上で説明したセラミド(角質間脂質)と保湿成分(天然保湿因子)の二つで保たれています。

お風呂に入った後ってお肌がもちもちしてるし、保湿されている!!というイメージがありますが、実はお風呂に入るとこの保湿成分が流されてしまう為、すぐに乾燥してしまいます。お風呂からでて少し経つと滑りにくくなるのはそれが原因です。そのため、お風呂上りには顔や腕のようにお股も保湿ケアしてあげる必要があります。

なんでお股が乾燥すると黒ずみが起こるの?

お股の黒ずみはお肌のシミと同じくメラニン色素が原因で起こります。黒ずみはこのメラニン色素が色素沈着することによって起こります。

普通であればメラニン色素は、28日周期でおこるターンオーバー(皮膚の入れ替わり)によって身体の外に排出されます。海にいって焼けてもだんだんと薄く元の色に戻ってくるのはこのターンオーバーが働いているからです。

しかし、お股やワキといった刺激の多い場所は話が変わります。

黒ずみやシミの原因となるメラニン色素は紫外線だけでなく、下着の締め付けや擦れ、カミソリによる脱毛などの日常の刺激をうけたときにも作られます。お肌が紫外線をうけていると勘違いしてしまうんですね。

しかも刺激が多すぎるとメラニン色素が大量につくられてしまい、ターンオーバーでのメラニン色素の排出が間に合わず、どんどんと色素沈着し黒ずみとなってしまいます。

これが黒ずみの出来るしくみです。

皆さん、乾燥した手とクリームを塗った手を想像してみてください。乾燥した手はクリームを塗った手に比べ、手を擦った時の摩擦が大きくなっていることがわかると思います。擦っただけでボロボロになってしまいますよね。このように乾燥している=摩擦(刺激)を受けやすくなります。

お股が乾燥していると刺激を受けやすくなり、黒ずみがいつまでたっても治らなくなってしまうわけです。

そのため、黒ずみを改善するには、

・日常の刺激を減らす

・きちんと保湿する

・ターンオーバーをきちんと迎えること

が大切です。

どうやって保湿ケアするの?

お俣の保湿を行う前には必ずデリケートゾーンを清潔な状態にしておきましょう。弱アルカリ性のボディーソープや石鹸を使ってしまうと膣内の常在菌を殺してしまい、病気になることがある為注意が必要です。弱酸性のもの、もしくは不安であればデリケートゾーン用の石鹸を使いましょう。お股を綺麗にしましたら、クリームを塗っていきます。手に一円玉ほどとり、色が消えるまで優しくお股に塗り込みます。膣内は粘膜で敏感ですので塗り込んではいけませんよ。

いつクリームを塗ればいいの?

朝と入浴後に塗るのがいいでしょう。また、乾燥しているなと感じたら塗ってあげてください。絶対に忘れてはいけないのが入浴後です。実はお肌の保湿を保湿するセラミドはボディーソープで身体を洗ったり、熱いお風呂に入る事で流れ出てしまいます。その為、一日の中でお股が特に乾燥しているのはお風呂あがりと言えます。忘れず保湿しましょう。

乾燥が引き起こす他の問題

デリケートゾーンの皮膚が乾燥すると、色素沈着だけではなく、痒みが発生することもあります。皮膚の乾燥で起こった痒みは、知らず知らずのうちに爪で引っ掻いてしまい、色素沈着が起こる原因となることがよくあります。乾燥によってデリケートゾーンに痒みが生じた際には、まずは爪でかかないように注意するとともに、保湿ケアで角質層に水分を補充してあげることが大切です。

一日の終わりにお股をケアしよう!

では、どのような保湿クリームを塗ればいいのでしょうか?やっぱり繊細で大事な場所ですからしっかり選びたいですよね。

気になる黒ずみをいち早く改善したいのであれば、乾燥と黒ずみの二つの悩みを解決してくれるイビサクリームがおススメです。

乾燥を防ぐにはイビサクリームがおススメ! 今なら30%OFF♪

イビサクリームのいいのココが凄い

  • 黒ずみに効く配合成分

  • お肌に優しい5つの無添加

  • 他のクリームより安い価格設定

 

黒ずみに効く配合成分

黒ずみを改善するクリームによく入っている成分はこんな感じです。

イビサクリームには黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を抑える有効成分トラネキサム酸が含まれており、美白効果を期待できます。安心なことにイビサクリームは厚労省からきちんと認可を受けた医学部外品です。

Q. 医学部外品ってなに?
「医学部外品」とは、薬事法で定められた厚生労働省の許可を受けたものです。
「医薬部外品」と表示されている製品は、作用が穏やかに効き、効能や効果が期待できる成分が入っているものを指します。
イビサクリームの効果効能は美白です!!

 

その為、個人差はありますが黒ずみ改善を期待することが出来ます。

また、他にも肌荒れを防止しお肌を整えるグリチルリチン酸2Kや4種の植物成分や8種類の潤い成分も入っています。

デリケートゾーンの黒ずみの大敵である乾燥も防ぎ、お股に潤いを与える事もできる一石二鳥の黒ずみクリームとなってます。

これ一本持っていれば安心です。

お肌に優しい5つの無添加

やはりデリケートな場所だからと心配な方もいらっしゃると思います。イビサクリームは敏感肌の方にも使えるよう5つの無添加でつくられています。

その為、デリケートゾーンだけでなく脇や乳首やお顔のシミといった他の部位にも使用する事が出来ます。赤ちゃんにも使えるほどお肌の事を考えて作られたクリームだからこそ安心ですね。もし、少しでもお肌に違和感や異常といった荒れが見られたらイビサ専属のカウンセラーがしっかり対応してくれます。

他のクリームより安い価格設定

イビサクリームの価格は他のシミや黒ずみクリームに比べ低く設定されています。

イビサクリーム(35g)

・定価:7,000円/本

・定期:4,970円/本(クレジットなら4,470円)

資生堂HAKU(45g)

・定価:1,0476円/本

ホワイトラグジュリープレミアム(35g)

・定価:9,980円/本

・定期:5,980円/本

イビサクリームは定期購入すると一本あたり5千円程度で購入することが出来ます。資生堂HAKUの半額程度と大変お得です。35gでおよそ一ヶ月から一ヶ月半程度使用できますので頻繁に購入する必要はありません。もし、黒ずみが酷くてもっとたくさん使いたいという方のために2本で8800円といったコースもあります。

イビサクリームのダメなところ×

  • 効果が出るまで少し時間がかかる

  • 無料のお試しがない

 

効果が出るまで少し時間がかかる

イビサクリームは毎日こつこつぬることで黒ずみの改善をおこなうクリームです。その為、レーザー治療のように一回一回の効果は大きくなく、少しずつよくしていく必要があります。しかし、朝、夜だけぬればよいと大変簡単です。

無料のお試しがない

イビサクリームは青汁や美容化粧品のようにお試しがありません。正直自分の肌にあうかわからず心配なため一度お試ししてから購入したいなという人も多いと思います。イビサクリームはお試しがないかわりに肌にあわなかったり、効果を実感出来なかったら全額返金保障をしています。そのため、一度購入して試してみることをおススメします。効果を実感できたら定期購入するのもありですよ。

お試しはこちらから↓

関連記事