黒ずみやニオイの悩みをサポート

menu

美デリケートゾーン【綺麗なアソコへの近道】

デリケートゾーンの黒ずみって薄く出来る?
黒ずむ原因と対策まとめ【完全版】

デリケートゾーンの悩みは女性の多くが抱えているもの。ビラビラの大きさや形など様々な悩みがあると思いますが、やっぱり一番多いのはデリケートゾーンの黒ずみではないでしょうか?他人に聞きにくいだけでなく、普通に暮らしていても中々解決の出来ない難しい問題ですよね。

そんな女性の為に、黒ずみのメカニズムから原因、解決法まで全てを幅広くまとめてみました。この記事一本でデリケートゾーンに大変詳しくなる事が出来ると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

 CONTENTS

1.黒ずみが出来るメカニズム
2.特に気を付けたい黒ずみの原因4選
 黒ずみの原因1 下着の締め付けや摩擦
 黒ずみの原因2 デリケートゾーンのお手入れ
 黒ずみの原因3 デリケートゾーンの誤った洗い方
 その洗い方実はNG 黒ずみに繋がる間違った洗い方
 黒ずみの原因4 レーザー脱毛によるダメージ
3.知っておきたい!!特殊な黒ずみの原因
 妊娠による黒ずみ
 歳をとった事で起こる黒ずみ
 病気(カンジタやいんきんたむし)によって起こる黒ずみ
4.どうすれば黒ずみが薄くなるの?
 他にやるべきことってないの?
 なんで黒ずみクリームを使うの?
 ハイドロキノン入りの黒ずみクリームに関して

デリケートゾーンが黒ずむメカニズム

デリケートゾーンの黒ずみは主に摩擦や刺激によりメラニン色素が過剰分泌されることによって起こります。通常メラニン色素は誰もが常に出ており、ターンオーバーというお肌の入れ替えにより体外に排出されるため問題ありません。日焼けしても徐々に肌の色が元に戻っていくのもこのターンオーバーの働きによるものです。下の画像のように少しずつ皮膚と共に剥がれ、薄くなっていきます。

しかし、これは皮膚が薄く、刺激を受けやすいデリケートゾーンとなると話が変わります。メラニン色素はメラノサイトという細胞からつくられます。実はこのメラノサイトは刺激を受けるとお肌を守ろうと防衛機能が働き、メラニン色素を大量にわーっと過剰分泌してしまう性質を持っています。

普通であれば、ターンオーバーにより排出されるはずのメラニン色素ですが、過剰分泌されたメラニン色素はターンオーバーによって完全に排出できず、積み重なって黒ずみ(色素沈着)が出来てしまいます。

その為、黒ずみ解消において黒ずみの原因となる刺激を予防し、少しずつ黒ずみを薄くしていくことが大切であると言えます。

特に気を付けたい 黒ずみの原因4選

黒ずみの原因である摩擦や刺激は実は多くが我々の日常生活の中に隠れています。
その中でも特に黒ずみの原因となっているものは次の四つです。


黒ずみの原因1 下着の締め付けや摩擦

黒ずみを改善する上で一番気を付けたいのが、下着による締め付けや摩擦です。
小さい下着はビキニラインを締め付け、大きい下着はズレることで肌を擦り、黒ずみの原因である刺激や摩擦を引き起こします。
特に意識してほしいのが下着は一日中身に着けるわけですから、
自分に合わない下着を着ける=陰部が一日中刺激や摩擦を受け続けている
ということです。その為、もったいないや可愛いからと言わず、大事な日以外は自分にあった下着を身につけましょう。着選びの際、自分のサイズを知る為に店員さんに聞くのもいいかもしれません。

また、デリケートゾーンは大変蒸れやすいので通気性がいいものがオススメです。
特に夏や生理時などは雑菌が繁殖しやすいやめ、カンジタいんきんたむしなどの病気になりやすいため注意が必要です。

黒ずみの原因2 デリケートゾーンのお手入れ

次に気を付けたいのがシェーバーやピンセットによるデリケートゾーンのお手入れです。
恐らく多くの女性が数日に一度自己処理をしているのではないでしょうか?

実は皆さんが行っているデリケートゾーンのお手入れはお肌に大変なダメージを与えるだけでなく、黒ずみの原因にもなっています。

デリケートゾーンは皮膚が薄い為、大変繊細で刺激を受けやすい部位です。そこをシェーバーの刃のような鋭いものでこすったり、ピンセットで無理やりムダ毛を抜くことは当たり前ですが、刺激としてメラノサイトに伝わり、黒ずみを引き起こします。

忘れてはいけないのが、何度も同じ場所を処理している為、デリケートゾーン部の肌が弱って刺激が伝わりやすくなっていることです。お手入れ後は顔や腕に美容液や化粧水でスキンケアするようにデリケートゾーンも保湿成分や美容成分の入ったクリームでケアしてあげましょう。

黒ずみの原因3 デリケートゾーンの誤った洗い方

三つ目に気を付けたいのがデリケートゾーンの洗い方です。

お湯で流すだけだったり、きちんと中まで洗ったりと人によって洗い方は違うと思います。実は誤ったデリケートゾーンの洗い方をすると黒ずみになる事があります。自分が正しい洗い方を出来ているか確認してみてください。

その洗い方実はNG 黒ずみに繋がる間違った洗い方

上の項目が一つでも当てはまった皆さん。
洗い方を見直す必要があるかもしれません。これらの洗い方はデリケートゾーンの黒ずみの原因となることがあります。

特に絶対やってはいけないのがごしごしと力をいれて洗うです。粗いボディータオルなどでごしごしと洗うことは繊細なデリケートゾーンを傷つける行為です。黒ずみは強く擦っても落ちません。絶対にやめましょう。

また、膣の中をボディソープで洗う事も大変危険です。黒ずみの原因になるだけでなく、膣の中を守る常在菌を殺してしまい、性病の原因となることがあります。膣の周りのみを弱酸性のものを使ってあらうか心配の場合,デリケートゾーン専用の石鹸を使いましょう。最近はやりのデリケートゾーン専用の石鹸は黒ずみ防止だけでなく、お股の嫌な臭いを改善・防止する効果も持っています。多くの男性が女性の黒ずみより臭いが気になるとのアンケート結果がある為、臭いもしっかり対策したいですね。

デリケートゾーンの洗い方は以外と奥が深いものです。
その為、次の記事にまとめてみました。
興味のある方は読んでみてください。

お股の黒ずみは洗い方に問題がある?
正しいデリケートゾーンのお手入れを学ぼう!

黒ずみの原因4 レーザー脱毛によるダメージ

最後に気を付けたいのが、レーザー脱毛によるダメージです。
夏に向けて脱毛サロンでVIO脱毛する方も沢山いるのではないでしょうか。

何度も何度もお肌を傷つけるシェーバーやピンセットに比べ、数回で済むので私はオススメだと思います。ただ注意することが一つあります。レーザー脱毛後は絶対にデリケートゾーンのケアを行いましょう。施術後デリケートゾーンが黒くなった!!という声をよく聞きますが、この原因の一つは脱毛後きちんとケアしなかった事です。レーザーの名の通り、脱毛後はやけどの状態にあります。傷ついたまま、下着などを着用することは傷口に塩を塗る事と同じです。
傷ついたままにせず、クリーム等で適切にケアしてあげましょう。

知っておきたい!!特殊な黒ずみの原因

ここまで皆さんが当てはまるであろう黒ずみの原因に関して説明してきました。ここでは、一時的に当てはまったり、知っておくと便利な黒ずみの原因に関して説明したいと思います。

妊娠による黒ずみ

出産を経験した後にデリケートゾーンや乳首が黒くなったと感じたことがある方も多いと思います。
これは妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌され、メラノサイトを活性化させることによって起こります。妊娠をしたならば自然と起こる現象ですので安心してください。

妊娠による黒ずみは出産し、プロゲステロンの分泌量が落ち着くにつれて徐々に元の色に戻っていきます。しかし、出産後はホルモンバランスの乱れなどにより、ターンオーバーが乱れ、色素沈着となってしまう事があります。栄養バランスの整った食事や適切な睡眠など生活リズムを整えるよう心掛けましょう。

歳をとった事で起こる黒ずみ

歳をとるにつれてシミができたり、黒ずみが濃くなったりという方も多くなっていくと思います。これは歳をとるにつれて起こるターンオーバーの遅れによって起こります。

ターンオーバーは通常28日前後の周期で行われます。しかし、歳をとるにつれ、この周期は長くなり、メラニンを完全に対外に排出するのが難しくなります。その為、歳をとるにつれてシミが出来たり、黒ずみが濃くなるわけです。

これを防止するには、妊娠時と同じく、生活リズムを整え、ホルモンバランスを正常に保つことが大切です。これに関しては仕方がないことです。失った分を黒ずみクリームなどで補ったり、ターンオーバーを促進する効果のあるビタミンCやビタミンEで美白ケアする事で改善を目指すのが好ましいと思います。

病気(カンジタやいんきんたむし)によって起こる黒ずみ

皆さんカンジタやいんきんたむしという言葉を聞いたことがありますか?これらはセックスをしたから移るといった性病と異なり、デリケートゾーンを不衛生にすることでなってしまうこともあります。夏のように暑く汗をかきやすい季節や生理時の蒸れのように不衛生になりやすい時に注意が必要です。

これらの病気にかかるとデリケートゾーンが痒くなったり、水ぶくれになり色素沈着が起こったりと黒ずみに繋がる症状が起こる可能性があります。もし、デリケートゾーンに違和感を感じたら、自分でなんとかしようとせずに最寄りの皮膚科で診察を受けましょう。治療が遅れると黒ずみが消えなくなってしまう事があります。

どうすれば黒ずみが薄くなるの?

ここまでデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策に関して説明してきました。次にデリケートゾーンの黒ずみケア方法に関して説明したいと思います。

まず、デリケートゾーンを行う上で絶対に心掛けなくてはいけないのは、黒ずみの原因となる刺激や摩擦の防止と健康な食事や睡眠といった生活リズムを整えることです。これを守らなければ、正直何をやっても効果は現れにくいと言えます。その為、まずこの二つを守れるよう自分の生活を見直しましょう。上で説明した通りビタミンCやビタミンEをしっかりとるよう意識するのがいいと思います。

他にやるべきことってないの?

ここまで自分で出来る黒ずみ改善方法に関して書いてきました。しかし、いくら黒ずみの原因となる刺激や摩擦を防止しても他にも沢山原因はあり、完全に防止することは出来ません。その為、保湿成分入りで美白成分、美容成分の入った黒ずみ用のクリームを使用する事をおススメします。

なんで黒ずみクリームを使うの?

デリケートゾーンは他の部位と比べ、大変ダメージを受けやすく、黒ずみになりやすい部位であると言えます。その為、顔や腕のように適切なケアが必要となるわけです。

また、実はデリケートゾーンは皮膚が薄い為、水分を保持しきれず乾燥してしまうという問題を抱えています。特に入浴により保湿する効果を持つ因子が洗い流され殆どなくなってしまうため、入浴後のケアが重要となります。その為、黒ずみ用のクリームを入浴後ぬって保湿をしてあげましょう。

ハイドロキノン入りの黒ずみクリームに関して

デリケートゾーンだけでなく、お顔や腕などの黒ずみクリームでハイドロキノンという成分を見かけることがあると思います。欧米ではお肌の漂白剤といわれるほど人気で美白といったらハイドロキノンというほど有名です。効果も大変優れており、多くの人が使っています。

でもデリケートゾーンに使う際には大変な注意が必要です。

ハイドロキノンは刺激が大変強く、炎症を起こす危険性があります。デリケートゾーン用のハイドロキノン入りの黒ずみクリームは1~3%と濃度が薄められていますが、デリケートゾーンは大変皮膚が薄く、繊細な為出来るならば使用は控えた方がいいと思います。デリケートゾーンの黒ずみケアは少しずつ地道にやっていきましょう。

オススメの黒ずみクリーム

最近はやりの黒ずみクリーム。種類が多すぎてどれを使ったらいいかわからないよという方も多いのではないでしょうか?そんな方のために黒ずみクリームを価格や機能面から比較してみました。

三ヶ月以降10%OFF

黒ずみクリーム比較
イビサクリーム ハーバルラビット ホワイトラグジュアリー
有効成分 ・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2k
・水溶性プラセンタエキス
・グリチルリチン酸ジカリウム
・グリチルリチン酸ジカリウム
・水溶性プラセンタエキス
美白成分 ・サクラ葉抽出液
・カモミラエキス
・ダイズエキス
・オウゴンエキス
・プラセンタ
・ビタミンC誘導体
・米ぬかエキス
・ヒアルロン酸
・プラセンタ
・ビタミンE
・アロエベラエキス
・クロレラエキス
・ラーゲン
・オタネニンジンエキス
香り ・ほぼ無臭 ・野ばらの香り ・ほぼ無臭
価格 ・単品7,000円
・定期4,470円
・単品7,000円
・定期4,250円
・単品9.980円
・定期5.980円
三ヶ月 ・計13,913円 ・計13,750円 ・計17,940円
全額返金保障 あり あり あり
評価 ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆

私のおすすめ黒ずみクリーム

私のおすすめは価格・効能ともに優れたイビサクリームです。


イビサクリーム公式サイト 今なら30%OFF♪

イビサクリームのいいのココが凄い

  • 黒ずみに効く有効成分

  • お肌に優しい5つの無添加

  • 沢山入った潤い成分

 

黒ずみに効く有効成分

上の表で紹介した有効成分は次の三つです。

有効成分とは構成労働省認可の効能効果を発揮する成分のことです。つまり、国がちゃんと効きますよーと認めた成分を指します。黒ずみだけでなく、シミやしわなどを改善する際も有効成分がきちんと入っているかをチェックすることが大切です。

Q. 医学部外品ってなに?
「医学部外品」とは、薬事法で定められた厚生労働省の許可を受けたものです。
「医薬部外品」と表示されている製品は、作用が穏やかに効き、効能や効果が期待できる成分が入っているものを指します。
イビサクリームの効果効能は美白です!!

イビサクリームには黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を抑える有効成分トラネキサム酸と炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが含まれています。もう一つの有効成分である水酸性プラセンタエキスはターンオーバーを促す効果がありますが、これはビタミンCやEを摂取することで自分で促すことが出来ます。一方、メラニンの生成は下着を変えたりと予防は出来ますが、生成を抑えることはできません。その為、トラネキサム酸が含まれ、価格的にも安いイビサクリームがおススメです。

お肌に優しい5つの無添加

やはりデリケートな場所だからと心配な方もいらっしゃると思います。イビサクリームは敏感肌の方にも使えるよう5つの無添加でつくられています。

その為、デリケートゾーンだけでなく脇や乳首やお顔のシミといった他の部位にも使用する事が出来ます。赤ちゃんにも使えるほどお肌の事を考えて作られたクリームだからこそ安心ですね。もし、少しでもお肌に違和感や異常といった荒れが見られたらイビサ専属のカウンセラーがしっかり対応してくれます。

沢山入った潤い成分

黒ずみ対策に大切なこと。そう保湿です。デリケートゾーンは大変乾燥しやすく傷つきやすいためお顔や手のように適切に保湿してあげる必要があります。イビサクリームには潤いをあたえてくれる成分がなんと8種類も入っています。

 

ハーバルラビットは4種類ですのでその多さがよくわかりますね。朝と夜の二回しっかり塗って保湿してあげましょう。

イビサクリームのダメなところ×

  • 効果が出るまで少し時間がかかる

  • 無料のお試しがない

 

効果が出るまで少し時間がかかる

イビサクリームは毎日こつこつぬることで黒ずみの改善をおこなうクリームです。その為、レーザー治療のように一回一回の効果は大きくなく、少しずつよくしていく必要があります。しかし、朝、夜だけぬればよいと大変簡単です。

無料のお試しがない

イビサクリームは青汁や美容化粧品のようにお試しがありません。正直自分の肌にあうかわからず心配なため一度お試ししてから購入したいなという人も多いと思います。イビサクリームはお試しがないかわりに肌にあわなかったり、効果を実感出来なかったら全額返金保障をしています。そのため、一度購入して試してみることをおススメします。効果を実感できたら定期購入するのもありですよ。

お試しはこちらから↓