黒ずみやニオイの悩み・原因をサポート

menu

美デリケートゾーン【綺麗なまんこを目指す女性へ】

お股の黒ずみは洗い方に問題がある?
正しいデリケートゾーンの手入れを学ぼう

私ってもしかして黒いの?…

お風呂場の鏡でふと自分のお股を興味本位で見てみたところ、
私のお股もしかして黒すぎ?…
と不安になった経験がある方は意外と多いもの。

きちんと洗っても全然とれないから…と諦めてしまった話をよく耳にします。
今回はそんな女性のために、黒ずみの本当の原因と解決法に関して説明していきたいと思います。

男性は意外と女性のお股の黒ずみを見ているものです。

男性に愛される美マンを目指していきましょう!!

お股のゴシゴシ洗いやパパッと洗いは黒ずみとにおいのもとに!

皆さん、お股はどのようにして洗っていますか?

ボディータオルでゴシゴシこすったり、パパッとシャワーをかけて終わりでは絶対にダメですよ!

お股は身体の中でも特に繊細で尿や織物で大変汚れやすい場所です。

なので、ゴシゴシ洗いは繊細なデリケートゾーンを傷つけるだけでなく、
水分を奪い、乾燥を引き起こすことでかぶれやかゆみの原因
となります。

パパッと洗いも恥垢(マンカス)が溜まり、臭いの原因となるだけでなく
細菌が繁殖し、カンジタやインキンタムシといった性病の原因
となるので注意が必要です。

お股は毎日洗うものですので、正しい洗い方をしているかしていないかで黒ずみや臭いの悪化は大きく関係してきます。

正しい洗い方をすることで黒ずみの原因となる刺激を大きく減らすことが出来るので参考にしてみてください。

お股の正しい洗い方と間違った洗い方

上でも説明したようにデリケートゾーンは大変繊細で汚れやすいため、きちんと洗いながらも刺激を与えたりしない事が大切です。

また、デリケートゾーンは細菌が入って来ないよう中が弱酸性に保たれています。その為、洗いすぎてしまうと中のPHが変わり膣内を守ってくれている常在菌が死んでしまうため、実はボディーソープ選びから重要となります。

自分は間違った洗い方をしていないか確認し、正しい洗い方を学びましょう!!

間違ったデリケートゾーンの洗い方

・膣内をボディーソープできちんと洗う

皆さん以外と知りませんが、膣の中は病原菌や雑菌が入って来ないよう常にPH4程の弱酸性に保たれています。
このPHが崩れてしまうと膣内を守っている常在菌(善い菌)が死んでしまい、雑菌が入った際に撃退できず性病やにおい、かゆみが起こる可能性があります。

・爪で汚れをこすって落とす


お股の周りの皮膚は大変薄く、傷つきやすいです。
その為、爪で汚れをとろうとこする事によって皮膚が傷つき、そこから細菌が侵入し炎症が起こる事があります。炎症が悪化すると後が残り最悪黒ずみとなることがあります。
大変繊細ですのでデリケートゾーンは絶対に爪でこすってはいけません!

・お湯で軽く流すのみ

デリケートゾーンは繊細なだけでなく、おりものや経血、尿、ムレなどによって大変汚れやすい場所でもあります。その為、お湯で軽く流すだけだと汚れが取れず、臭いの原因だけでなく、性病の原因にもなります。

・ごしごしと力を入れてこする

これはお股を傷つけるだけでなく、なんとお股の黒ずみを悪化させる原因となります。
顔や肌のシミは太陽からの紫外線の刺激によって出来ますが、お股の黒ずみはゴシゴシ洗いなどの
日常の刺激によって皮膚が刺激され、メラニン色素が過剰分泌すること
によって起こります。

本来、このメラニン色素はターンオーバー(お肌の入れ替え)によって28日周期で身体の外に排出されます。私たちが日焼けしても段々元に戻っていくのはこのターンオーバーの働きによるものです。正常であれば、下の図のように殆どが排出されます。

しかし、デリケートゾーンは日常の刺激が多く、皮膚が薄く大きい刺激を受けやすい為、メラニンが過剰分泌され出し切れず多くが残ってしまい色素沈着(黒ずみ)がおこります。

実は良かれと思って洗っていたこのゴシゴシ洗いこそお股の黒ずみの原因となっていたわけです。お股の黒ずみを治したいのであればまずこのような日常の刺激を取り除きましょう。
ではどのように洗えばよいのでしょうか?

弱酸性のボディーソープを使って優しく洗う

デリケートゾーンを洗うには必ず弱酸性のものを使う必要があります。最近ではデリケートゾーン専用のソープ等も売っているので、臭いが気になったり、心配な方は使ってみてもいいかもしれません。

手かネットでボディーソープを泡立てたら大陰唇にのせてあげ優しく指の腹でこすります。
特に小陰唇(ビラビラ)の間は恥垢が溜まりやすく、臭いの原因となりますので念入りに洗ってあげましょう。

お股の洗い方のコツは赤ちゃんを触るように優しく、指の腹で洗うことです。

デリケートゾーンは自分から見て近い順(陰毛→陰核(クリトリス)→性器→会陰(ビラビラ)→肛門)に洗ってあげます。
小陰核(ビラビラの溝)や陰核(クリトリス)は特に恥垢が溜まりやすい箇所です。
その為、片手で洗う箇所を抑えてあげ、指の腹で優しく恥垢をとってあげましょう。

きれいになったら熱いお湯ではなく、ぬるま湯で少しずつ流してあげましょう。
デリケートゾーンは大変薄いためお湯を使うとやけどして炎症を起こしてしまいます。

お風呂上がりのお股のケアが実は大切

実はお股の黒ずみを引き起こす原因の一つはデリケートゾーンの乾燥です。乾燥してしまうとかぶれの原因になるほか同じ刺激でも抵抗が大きくなる為、ダメージが大きくなり黒ずみになりやすくなってしまいます。

特にお風呂上りが最も注意が必要です。

お風呂に入ったから潤っていると思いますが、入浴によってお肌の潤いを守る保湿成分(天然保湿因子)が流されてしまい、乾燥状態になってしまいます。

それに加え、デリケートゾーンは皮膚の中で潤いを保つ角質層(セラミド)が薄く、潤いを保つのが得意ではありません。身体の中でも特に乾燥しやすいというわけです。

そのため、黒ずみを防ぎ、改善するには顔や腕のように入浴後はお股も保湿ケアしてあげる必要があります。

保湿ケアは黒ずみ改善に効く成分が多く入っているものがおススメ

保湿ケアをするクリームを選ぶときは黒ずみ改善に効く成分の入った黒ずみクリームがおススメです。
多くの黒ずみクリームは保湿成分を含んでいるため、一本で保湿と黒ずみ改善を行うことが出来ます。

しかし、ハイドロキノン配合の黒ずみクリームは余りおすすめしません。

ハイドロキノンはお肌の漂白剤とよばれるほど効果の強い欧米で人気の美白成分です。
しかし、一方でハイドロキノンは刺激が強い成分で、人によっては炎症を起こしてしまいます。
そのため、ただでさえ敏感なデリケートゾーンに使用するのにはあまり向いていません。もし使うようでしたら使用前に手や足の目立たない場所でテストしてからにしましょう。

お股の黒ずみを改善するには

お股の黒ずみの原因の元を断ち、自然に黒ずみ改善をするのが最も好ましい
と言えます。
そこで今回おすすめする商品はこのイビサクリームです。

ご購入はこちら 今なら30%OFF♪

黒ずみの原因となるのは、主に生活の刺激によるメラニンの分泌と肌の乾燥です。

このクリームにはメラニンの生成を抑制し、お股の黒ずみをケアし美白するトラネキサム酸と肌荒れを防止しお肌を整えるグリチルリチンサン2Kが含まれます。

そのため、このクリームを使うことによって一度に二つの問題をクリアできるわけです。

しかも今ならイビサクリームはキャンペーン中につき、30%OFFの4470円で購入することが出来ます。
しかも効果を実感出来なかったり、お肌に合わなかったりした場合は購入から28日間以内であれば全額返金してくれます。
その為、是非一度お試ししてみてはどうでしょうか?

黒ずみの悩みを解決してくれるイビサクリームはこちらから↓

関連記事